山口真帆さんがNGT48運営の会見中に暴露ツイート連発!運営の会見内容はウソなのか?

2019年3月22日(金)、NGT48山口真帆さんに対する暴行問題に関しての調査結果説明会が行われました。

13時30分から行われた第三者委員会からの調査報告会は16時30分過ぎまで行われ、3時間にも及ぶ長い会見でした。

今回の報告会では、第三者委員会の調査では、NGT48の他のメンバーが事件に関与していないという内容であり、今後もしっかりとした運営を心がけるという内容で報告する予定だった運営に対して、報告会の生中継中に山口真帆さんがNGT48運営のウソの報告をツイッターで暴露する展開になりました。

中継中に山口真帆さんがツイートしたのは5件であり、いずれもNGT48運営が報告している内容は事実と異なるという内容です。




会見中にツイート連発でウソを暴露!?

↑こちらのツイートは記者会見で説明をしていた松村匠取締役が報告書の内容を話しているときに山口真帆さんがツイートしたものです。

松村匠取締役は、会見ではコミュニケーションを取って山口真帆さんが復帰できるようにサポートすると話しましたが、山口真帆さんはツイッターで上記のように述べています。

松村匠取締役は山口さんに事件に関わったメンバーを全員解雇すると約束していたにも関わらず、疑惑のメンバーは証拠がないということでおとがめなし、ということでしたので話が違うじゃないかということでツイートしています。

また、松村匠取締役はコミュニケーションをとって話し合いで解決していくと会見で何度も話していましたが、山口さんはツイートで話し合いは全然されていないことを明らかにしています。

↑こちらのツイートは松村匠取締役が1月10日にNGT48のライブに参加した際に行った謝罪に関してのツイートです。

松村匠取締役は山口さんが1月10日のライブ冒頭で謝罪を自らの意思でしたとしましたがこのツイートで松村匠取締役が山口さんに謝罪を強要していたということが暴露されました。

山口さんは松村匠取締役から謝罪を強要された際に、謝罪を拒否しましたが、謝罪しないのであれば、他のメンバーに代わりに手紙を代読させて謝罪させるとしたことから、山口さんは他のメンバーにそのようなことはできないとして、仕方なく謝罪したとするツイートをしています。

実際に、松村匠取締役から↑こちらのツイートに載っている言葉を言うように言われましたが、山口さんは自分はスッキリしていないし、誤解もしていないということをツイートしています。

↑こちらのツイートは、松村匠取締役が会見で説明している最中にあった記者からの質問に答えている時にツイートされたもので、事件が起きてからは山口さんの事件は山口さんが思い込んでいるだけであるということで仕事先などに説明していたことについての不満を漏らしたツイートです。

↑こちらのツイートは、松村匠取締役が会見でメンバーが事件に関与した人とのつながりを記者から問われた時に、「あいさつ」もつながりに含まれることもあり、メンバーがどのような形でつながりがあるかどうかは証拠がないと発言した時に山口さんがツイートしたものです。

この「あいさつ」については記者が会見中に山口さんのツイートについて質問したときに、事実を確認したところ、間違いであるということで撤回しています。

この「あいさつ」の問題では、しばらく資料を確認するために、待ち時間が発生しました。

今回の会見を見ての個人的な印象

今回の報告会をニコ生で見ていましたが、運営サイドの対応がちゃんとなっていないと感じました。

山口さんにおこった事件をとりあえず、なあなあで納めて、逃げ切ろうとしている印象しかありませんでしたね。

会見で一番の見どころはやはり山口さんが会見中にツイッターで暴露しているところではないでしょうか。

会見中に山口さんのツイートが出てきたことで運営サイドの歯切れが悪くなりましたし、第三者委員会の報告が事実であるとするNGT48運営と山口さんの主張が全然違うことが今回の会見で判明したことからも、まだまだ問題解決には時間がかかりそうです。

NGT48の運営からしたら早く山口さんを卒業なりなんなりで追い出して、解決したことにしたいのでしょう。

山口さんもファンの方も今回の会見では全然納得してないことを考えても問題は長引くはずです。

被害者である、山口真帆さんがきちんと復活できるようにNGT48運営には真摯に対応してもらいたいですね。

↑こちらは3月22日に行われた報告会のフル動画です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする